木造住宅等地域材利用拡大事業「徳島県産材代プレゼント」レポート(1)

 思いっきり深呼吸できる家:徳島県東部・T邸

テーマは「家族が健康に暮らせること」

山すその閑静な住宅街の一角にあるT邸。杉板のみで建てられた“徳島すぎの家”です。
一歩玄関を入ると豊かな木の香りが広がります。「いい香りですね」と言うと、「私は匂いに慣れてしまってあまりわからないのですが、お客さんが来た時はそう言ってくれます」と嬉しそうに話してくれました。
Tさんが“徳島すぎ”を使った家づくりにこだわったのは、ご自身のお姉さんのことがきっかけだったそうです。

「何年か前、県外にいる姉がシックハウス症候群(※住宅の建材などによる健康障害)になってしまいました。姉の話を聞いているうちに、自然の素材を使いたいと強く思うようになったのが最大の理由ですね。とにかく“家族みんなが健康で暮らせること”が私たちの家づくりの最大のテーマになりました」。

家は一生の買い物です。住みたい家にたどり着くまで本当にたくさん考えた、とTさんは言います。住宅展示場や見学会に行ったり、インターネットで調べたり・・・と様々な情報を集めた中で検討した結果、徳島すぎを使った家づくりに定評のある建築士の先生に依頼することを決めました。

リビング

▲最もくつろげるリビングと、それに続く和室。中央のテーブルの天板は、一枚板でつくられています。

夏でも夜は涼しい

建築中は、車で1時間の距離の現場へ週3回は見に行っていたそうです。少しずつでき上がっていく家で木の香りに包まれると穏やかな気持ちになり、完成が待ち遠しかったと言います。
使用する材木は、大工さんが自分の目で見て選んでくれたもの。建築士の先生も「いい木を選んでくれている」と納得していたとのことでした。

12月の着工から約8ヵ月、2015年7月末に念願の“徳島すぎの家”が完成しました。

「この家は断熱材を使っていません。3ヵ月新しい家で生活してみて気がついたことは、夏でも夜は涼しいということです。夜、窓を開けて風を通すとクーラーがなくてもぐっすり眠れました。これから寒い季節に入りますが、冬はどうなるか・・・少し楽しみにしているところもあります」。

これから家づくりを考えている人へ

木目の色や模様は目にあたたかく、自然に抱かれているような居心地のよさがあると言うTさん。これから家を建てる人にも、ぜひ“徳島すぎの家”を考えてほしいそうです。

「人間が生きていくために必要な“衣食住”、と言いますが、住むところは本当に大事です。私たちは“健康に暮らす”というテーマがあったので、どこに行ってもそういう視点で見ていたように思います。そして、徳島すぎという素材を選びました。家を建てることを最終目的とせず、その家でどのように暮らしたいかというテーマを持って家づくりをしてみてはいかがでしょうか」。

Tさんはまた、ご自身の家を「住めば住むほど健康になる家」と表現してくれています。穏やかな時間が流れる“徳島すぎの家”は、体だけでなく心も健康な状態にしてくれる家なのかもしれないと感じました。

玄関

▲ゆったりとした玄関は、外から帰ってきた時にホッとする場所だとか。

外観

▲リズム感のある外壁。違う素材や植物とも調和しています。

【事例】たかはし設計(愛知県名古屋市)代表取締役 高橋 秀明氏 N邸(愛知県)

N邸全景

焼き杉で覆われた外観は周辺の中で一際存在感があり、こだわりをかもし出しています。

床や天井の他、家具や建具にも“徳島すぎ”をふんだんに使用し、内装には機能重視の収納スペースを無駄なく配置し、開放感あふれるダイニングキッチンに仕上げています。

約60㎥もの木材が結集したN邸には施主のこだわりと設計者の配慮、工務店の技術が重なり合っています。

訪れた方々にも「こだわりと木のぬくもり」を感じられる住宅となっています。

N邸 構造材

2階の広間は仕切りをつけず開放的に!

天井を有しないため夏でも空気がこもらない作りとなっています。

N邸リビング

1階リビングには木頭杉の一尺大黒柱が存在しています。

“徳島すぎ”使用の家具や建具 とともに、家族のだんらんが共有しています。


※徳島すぎの家づくり協力店の皆様には、
PRのぼり(大1 小1)とポール(1本)を配付しています。
事例紹介で紹介させていただくのは、
PRのぼりを立ててくださっている事例のみとさせていただきます。
是非、県木連(認証機構)までお問い合せください。

【事例】『游・空間デザイン室(海陽町・徳島市)』代表・林裕子さん

徳島すぎの家

家族の気配をいつも感じ、子どもが元気で笑顔でいられる家づくりを心がけています。
(子供室アイテム:ブランコ・登り棒など)
所属『かいふの木の家』でストックしているような12~8mの長尺材を使った
継ぎ手のない渡り腮(あご)田の字型伝統工法の住宅です。
地元かいふのスギは例えるなら雄々しくてダイナミック。
本件は耐水性のある杉の黒心材を活かし(傘立て・WCの床材など)、
スギ以外にもヒノキ・マキ・ケヤキ・クスを適材適所に使用しています。
自然素材だけで出来る味わい深い住宅作りを心がけています。

《本件代表的な素材として:外壁木部にはWoodLong-Eco(染料)、
その他:火山灰のシラス壁、床材は蜜蝋ワックス、断熱材は杉皮のフォレストボードなど》

徳島すぎの家
▲昔ながらの伝統工法である田の字型の間取りをおしゃれに。
大きな軸組で大きな空間。

徳島すぎの家
▲大工さんお手製の手作り洗面台


※徳島すぎの家づくり協力店の皆様には、
PRのぼり(大1 小1)とポール(1本)を配付しています。
事例紹介で紹介させていただくのは、
PRのぼりを立ててくださっている事例のみとさせていただきます。
是非、県木連(認証機構)までお問い合せください。